イエローチェリーシュリンプの飼育方法。

イエローシュリンプの飼育方法です。管理者の経験上ですのでご理解ください。

 

先日からの投稿で、室内からメダカがいなくなり(全て屋外飼育に変更)ました。

寂しいので、室内では色鮮やかなイエローチェリーシュリンプとレッドチェリーシュリンプを

30㎝水槽に入れて鑑賞しています。

sponsord link

 

以前からレッドの方は、稚エビをよく見かけ増殖しているのはわかります。

ところがイエローの方は、なんだか少なくなっている感じ(気のせい?)がします。

イエローは繁殖力が弱いのかなとも考えましたが、同じチェリーシュリンプだし、たぶんそうでは無いでしょう。

たまたま、イエローに稚エビを産む能力が無かったんでしょう。という結論は無理な解釈かも・・・。

 

そこでショップへ行き、今すぐ産みそうな大きなエローチェリーシュリンプをくださいとお願いし、3匹入手しました。
 

雌は太めでやや丸いの体型です。ひげは短いですよ。

 

羽化するまでは抱卵し、腹に卵を抱えたままいます。

次第に羽化が近づくと。動きにも変化が見られます。身体をくの字に曲げたりしていかにも産卵しそうです。

もちろん卵はお腹に抱え、生まれるときは稚エビとして放出されます。

 

稚エビは餌を親のように食べることは難しいですね。

底砂や水草が多くあるとよいでしょう。

稚エビ用の餌も販売されていますから、それを使用するのもよいでしょう。

 

sponsord link



 

いずれにせよ、我が家では大きめの雌と思われるイエローチェリーシュリンプですが、

元気よく泳いでいる様子です

一斉に抱卵の舞をすることがあります。

この動画は、その舞と違いますが・・・。

気をつける点は・・・

・生まれた稚エビは、目をこらさないと見えないくらい小さいです(水替え時に吸い込まないように)。

・混泳させない方が安心です。めだかと一緒に混泳すると捕食される可能性がありますね。

私の場合は、混泳していたけれどもエビは繁殖しました(もしかしたら捕食されているかも知れませんが・・・)。

・フィルターに吸い込まれないように、スポンジとか付けましょう。

sponsord link

コメントを残す