メダカを屋外で飼育する方法を経験から学びました。

最近よい天気が続いていますね。

約10ヶ月間、屋内飼育でメダカを飼育してきました。

いろいろ調べると、屋外飼育の方が成長が著しく、長生きするとありました。

この季節は、ちょうど屋外飼育にするには適しているかなと思い実行しました。

 

気温も高いことから、我が家のメダカたちを屋外の飼育にしようと水づくりをしています。
 

容器は発泡スチロールです。手ごろな大きさのものがあったので、とにかく水を入れました。

しかしこれではカルキは抜けても、バクテリアは発生しないし、直射日光が丸当たりです。

近くのペットショップでホテイ草を買ってきました。

底砂は、以前から残っていたピュアブラックを3箱に、1箱は大磯砂にして使い回しです。

バクテリアを買おうと思ったのですが、今まで問題の無かった室内用の水を種水にしています。

早く立ち上がってくれないかと楽しみにしています。(パイロットフィッシュを早く投入したい)

sponsord link

 

今晩から雨になりそうなので、その前にもう一仕事。

室外水槽となるといろいろ問題がありそうです。

ゴミの入るのは仕方が無いとしても、外敵から守ってやらねば!!

ということで、金網の取り付けをしました。

発泡スチロールの蓋を切り抜き、そこに結束バンドでビシッと締めてできあがり。

蓋に高さのあるものは、裏から見栄えよくできましたが、浅い蓋はガムテープでの固定です。

雨にやられるのは時間の問題と思っています。
 奥のがガムテープです。

一つは蓋がなかったのでそのままなんですが・・・。

 

なかなかうまく作れたと自画自賛なんですが、問題はメダカが生き延びてくれることなのす。

水合わせや温度合わせをして移したいと思っています。

元々室内飼育で問題の無かった飼育水(種水)を、小分けにして屋外飼育をできる環境を構築中です。

 

外のアクアリウム立ち上げ始めて3日目ですが、早いと考えつつパイロットフィッシュを放ちました。

種水を若干使用していることもあり、早いけれどいいだろうという、はやる気持ちがあったのも事実。

まずは水温合わせをしてそのあと水合わせ・・・。

時間をかけて合わせ、放流しました。

昨日より若干水温が低く(18~19度)、若干動きがスローでした。

もちろん環境が変わったこともあるでしょうし。

パイロットフィッシュには、かわいそうですが頑張ってもらいたいです。

ケースから出て行くところです。

 

昨日の昼前にパイロットフィッシュを入れて、様子を見ていました。

ちょっと焦った感があるんですが、とりあえず問題はなさそうです。

水温が低いのと環境が代わったことで、泳ぎがスローな感じでした。

でもそれ以外は異常な感じは無いので、とりあえず一晩様子を見ることにしました。

朝、様子を見ると、昨日と同じく悠々と泳いでいる感じだったので、これはいけるねっと勝手に判断。

 

そこで今日は、室内水槽から次々室外水槽に移しています。

しかしめだかは捕まえにくいですね。(室内水槽は、ヒーターは切ってあるのに22~24度の水温ですから)

水槽が大きいこともありますが、すばしっこさはたいしたものです。

水槽内にはエビがたくさんいるので、あまりかき回したくないって思いもあるのですが・・・。

次々に移動しています。(水温合わせ中:このあたりが気を遣うところです。少なくとも30~60分。)

水質適応にも気を遣います。(今回は種水からの移動でしたので、水質合わせは楽でした。:普通はもっと気を遣うんですが・・・。)

慌てることもないので、少しずつの移動ですね。

 

順番にメダカを移動しています。

室内水槽は完全にエビと貝の水槽になっています。

果たしてこの水草を、このままで観賞するのかどうか悩みどころです。

初期の考えは、メダカ水槽を鑑賞するつもりだったのですから・・・。

 

 

玄関の稚魚水槽のメダカたちもそれなりに成長したので、現在識別しながら移動中です。

なかなか識別は難しいですね。(親メダカはわかっているつもりですが、なかなか)

写真では気持ちよく泳いでいますね。

これを外へ移動するのは気が引ける(元気に育つかどうか)のですが、心を鬼にして(大袈裟)。

 

sponsord link


室外水槽のメダカたちです。

下のビデオでもわかるように、4日ほど経過していますが元気に泳いでいます。

屋外飼育は発泡スチロールで行うつもりなんですが、4個を水槽にしていますが、予想すると全く不足しますね。

ショップで見ると結構高かったり・・・。

かといって冷凍用発泡スチロールで送られてくるものはあまりないし・・・。

頭を痛めています。

 

ネットで検索すると、安いのがいろいろ販売されています。

でも送料が本体を上回っているので、ネット購入は止めて近くのホームセンターへ行きました。

もちろん送料はかからず、手頃な大きさのものを2箱(税込み500円X2=1000円ほど)買ってきました。

蓋に網を張ってできあがり。

これからも不足すれば買えるのでいいですね。ペットショップのは質がよいのでちょっと値が張ります。

とりあえずはこれで十分です。

 

メダカの移動がすべて終わったので、残るはエビ(ミナミ、レッドチェリー、イエローチェリー)と貝類です。

外に移したメダカは、いずれも元気です。雨なのでゆっくり観察できていませんが・・・。

 

エビの移動は・・・

夏場の暑さに弱いレッドとイエローチェリーシュリンプは、20センチ水槽で室内飼育。

色が綺麗で、鑑賞に堪えられるようですね。

残るはミナミヌマエビ(一部ミゾレヌマエビも若干)。

こちらは暑さにはやや強そうなので、外で飼育することに決めました。

もちろん暑い日はメダカと同じように、日陰に避難して飼育したいと思っています。

 

本当にたくさんに増えました。

外での飼育がうまくいったら凄く増殖するでしょうね(困)。

底砂(ソイル)の上を這い回っているし、稚エビまで入れると全部捕まえるのは無理そうです。

エビたちの飼育はメダカより難しいと聞きますので、果たして・・・。

sponsord link

コメントを残す